笑顔の女性
微笑んでいる女性

女性の避妊目的ではさまざまなピルが製造販売されており、婦人科の医師などに処方をしてもらったり、通販サイトで購入することが可能となっています。
そうしたなかでも、たとえばトリキュラーのような低用量ピルは王道ともよべるもので、欧米の人々などにくらべて比較的小柄であり、そのために医薬品の副作用などの影響を受けやすい日本人女性にも合うように、錠剤中に含まれている卵胞ホルモンのような副作用をもたらす成分をできるだけ少なくしています。
避妊を目的としてトリキュラーを使用する場合には、1日につき1錠を、同じ時間帯に飲むというだけで、その目的を達成することができます。
ただし、飲み忘れなどがあると、避妊の効果が発揮できなくなってしまうことがあるため、注意しておいたほうがよいでしょう。
また、避妊用というのは表向きの効果効能ですが、そのほかにも、このようなピルを服用することで、仕事にも差し障りが出るような、辛い生理痛を緩和したり、あるいは、生理不順を治したりといった場合に使用されることもあります。
この場合についても、基本的な使用方法は避妊の場合と変わりがありませんが、ホルモンの量の調整などは、やはり医師の見立てが重要になりますので、錠剤を飲む錠数などについて、こまかな指示があることがあります。
ピルの中には、避妊を目的としたアフターピルというピルもあります。
アフターピルは緊急避妊用のピルと呼ばれていて、避妊に失敗した場合でも、性行為後24時間以内であれば、アフターピルを服用することで90%以上の確立で避妊が成功すると言われています。
性行為が行われてからの経過時間に比例してアフターピルの効果も薄れていくため、避妊に失敗したと感じたらできるだけ早めに服用するようにしましょう。
このようなことから、もしものためにアフターピルを常備しておくと安心できます。
このように、現代の女性にとってはなくてはならない医薬品がピルといえますが、人によっては副作用が強く出てしまうこともあるため、あらかじめどのような副作用があるのかは知っておいたほうがよいこともあります。
吐き気や嘔吐、下腹部痛、不正出血などといったものが、トリキュラーを含めた低用量ピルの代表的な副作用となりますが、飲んでいるあいだに自然に消滅するのが一般的です。
服用歴のある方はトリキュラーが買える通販サイトでの購入でも構いませんが、初めて服用する場合はしっかり婦人科にて処方してもらいましょう。

記事一覧

最近の男女のカップルにおいては小学校のころからしっかりとした性教育を受けてきているので、より多くの人...

「ピルを飲むと乳癌になるリスクが上がる」と言われていました。 実際には、健康な女性がピルを飲んで乳癌...

今までは避妊といえば男性が主導で、女性の体内に精液が入らないように工夫するやり方が基本でした。 一部...

女性は30代にもなると体が成熟して、生理の悩みなども少なくなることが多いものです。 それでも悩みが完...

薬と水のグラスを持つ女性

女性がピルを購入する場合、大半の人は望まない形で妊娠をしないようにするのを目的とするでしょう。 しか...

考えている女性

女性が避妊をする方法として、さまざまな種類のものがありますが、確実性のある方法として注目されるのは、...

多様な薬と瓶

ピルを飲む上で絶対に、注意をしなければならないのが飲み忘れです。 ピルを飲んでいたのに妊娠をしてしま...

薬を飲む女性

世界的には避妊薬として使われていることが多いピルですが、日本では最近少しずつ浸透してきました。 女性...