笑顔の女性
  • ホーム
  • ピルには中用量と低用量がある?

ピルには中用量と低用量がある?

薬を飲む女性

世界的には避妊薬として使われていることが多いピルですが、日本では最近少しずつ浸透してきました。
女性が自分で飲むことができて、高い避妊効果があらわれる薬として、多くの人が注目しているものでもあるのです。
健全な男女関係の中で、妊娠をしてしまわないように未然に防ぐ目的もあって、今後ますます認知度が上がってくることでしょう。
ピルを購入するには病院の処方や個人輸入といった方法がありますが、購入の前に避妊薬には2つの種類があることを知っておきましょう。
それは含まれる女性ホルモンの量によって、低用量のものと中用量のものがあります。
事前に妊娠をしないような体作りをしていくのには、低用量ピルを毎日飲むようにしていきます。
低用量ピルというのは、女性ホルモンのバランスを妊娠をしているときと同じようにすることで、排卵を抑える働きをするのです。
ですから、女性の体内に精子が入ったとしても受精をすることがないのです。
生理周期は28日間に固定することができますし、生理不順の人や生理痛や排卵痛がひどい人の改善にもなるのです。
それに対して中用量のピルというのは、違った働きをします。
ホルモン剤が多めに入っている避妊薬なのです。
アフターピルともいわれており、性交渉のあとに飲むようになります。
つまり避妊に失敗をして妊娠をしてしまったかもしれないという可能性がある場合に服用して、できてしまった受精卵を着床させない働きをするものなのです。
事後に早く飲んだほうが妊娠を防ぐことができるのですが、通常72時間以内が目安になっているのです。
いずれのピルにしてもホルモン剤が入っているものであるので、一時的に体質をかえる働きをするものなのです。
ですから、そのタイミングに合わせて選んで行くようにするといいでしょう。

関連記事