笑顔の女性
  • ホーム
  • 乳癌で手術をしたら、ピルは飲めない?

乳癌で手術をしたら、ピルは飲めない?

「ピルを飲むと乳癌になるリスクが上がる」と言われていました。
実際には、健康な女性がピルを飲んで乳癌になるリスクが上がることはないということがわかっています。
母親や姉妹などが乳癌になっていても、本人が乳癌になっていなければピルを飲んでも問題がないと言われています。
しかし乳癌は遺伝する可能性は高いので、不安ならば最初から服用しないようにするという選択もあります。
また、本人がすでに乳癌になっていたり、病巣は取り除いも手術を行ったことがある人は症状の悪化や促進を招いてしまうと言われています。
乳癌はホルモン感受性腫瘍です。
ホルモンの影響を受けて発生したもののため、処方される薬は女性ホルモン一種であるエストロゲンの働きを低下させて癌の成長を止める効果があるものです。
ピルには合成された女性ホルモンが配合されていて、身体を妊娠している時と同じホルモン状態にすることで排卵を防ぎ、精子が入って来ても妊娠しないようにする薬です。
ピルに配合されている女性ホルモンが、乳癌の治療のために処方されている薬と正反対の働きをしてしまうのです。
これによって症状が悪化してしまう可能性があるため、服用はしない方が良いでしょう。
他にもピルを飲むことで症状悪化の可能性があるのは子宮頸癌です。
しかし同じ女性特有の癌であっても、卵巣癌や子宮体癌はピルを飲むことで発症のリスクを下げることができると言われています。
ピルを飲んでいる間は卵巣は休んでいる状態になっていることと、子宮内膜が厚くならないという特徴があるため、これらの癌のリスクは低下すると言われています。
他にも原因はわかっていませんが、大腸がんの発生リスクも低下するという報告があります。

関連記事